講演・執筆依頼について

きょうだい支援についての企画をご検討くださりありがとうございます。私たちでお役に立てることがあればぜひともお申しつけください。日々の実践の中で子どもたちから教わったことをシェアし、きょうだい支援の輪を広げることで、社会課題の解決に貢献したいと思っています。
基本的には理事長とプログラムディレクター(子どもきょうだい向けワークショップの進行担当)の2人でお伺いいたします。

内容

1.講演、執筆

  • 病気のある子どもの「きょうだい」の持ちうる気持ちと、周りの大人ができる工夫
  • しぶたねの活動について(活動内容、安心のために気を付けていることなど)
  • その他、参加者同士のグループワークや、子どもたちに人気のアクティビティの紹介・体験

など、ご希望に応じて組み立てます。

2. 小学生きょうだい向け「きょうだいさんの日」の出前

きょうだいの子どもたちとたのしいゲームをしたり、親ときょうだいであそぶ、きょうだいが「主役」のイベントをお届けします。

1,2の他にも、ご都合やご希望に応じて調整させていただきますので何なりとご相談ください。

支援者の方向け「シブリングサポーター研修ワークショップ」についてはこちらをご覧ください。

料金

1講演につき50,000円+交通費(宿泊を要する場合は宿泊費)
※あくまで基準額ですので、ご相談させてください。
講演活動については個人ではなく団体として取り組んでおりますため、お支払についても団体宛でお願いしております。そのため、源泉徴収の必要はありません。
いただいた講師料はきょうだい支援の活動に使わせていただきます。

きょうだいさんとの活動を安定して継続させていくため、講師料の目安を設定させていただいていますが、あくまでも目安ですので、ご予算等に応じてご相談させていただければと思います。

過去の講演実績

  • 大阪府立支援学校PTA協議会研修会
  • かけはしねっと いばらき小児在宅シンポジウム
  • 関西国際大学
  • グリーフサポートせたがや連続講座
  • 神戸大学
  • こどもホスピス・小児緩和ケア人材育成プログラム
  • 栃木県小児在宅医療体制構築事業研修会
  • 日本ホスピタル・プレイ協会
  • Burano多職種研修会
  • 武蔵野大学
  • 横浜市立大学附属病院
  • 立正大学
  • レスパイトケアサービス萌
    など(五十音順)